家事との両立が悩みの元になる

女性エンジニアにとって最も大きな悩みとなるのが仕事と家事の両立です。独り身であった頃には時間が空いている時に家事をすれば問題なかったものの、家族を持つようになってしまうと連日しっかりと家事を行う必要に追われがちになります。

しかし、IT系の企業に勤めていると仕事の忙しさにも追われがちであり、毎日のように残業を行うことになったり、自宅に仕事を持ち帰る必要すら出てきたりしてしまうのが実情です。休日にも出勤したり、自宅で仕事をしたりすることがようやく成果に繋がっていく場合も多いため、仕事を優先しようとすると家事が疎かになり、家事をしようと思うと仕事での活躍が難しくなってしまいます。

この問題で思い悩んだ女性エンジニアはしばしば退職の道を選んでしまいますが、その前に家族と相談することも大切でしょう。家事を行うのは夫でもできることであり、家族の理解があれば家事の負担を減らして仕事に費やせる時間を増やすことができる可能性があります。

女性に残業が多くても夫に残業がなければ、基本的な家事は夫が担うと言う家庭になっても構わないのです。子供が育ってくれば手伝いをしてもらうこともできるでしょう。女性だから家事をしなければならないと言う時代は過ぎ去っていることを理解して、自分がエンジニアとしてやりたいことをやらせてもらえるように家族の理解と協力を促すことが悩みを払拭することにつながり、長く働いてけるようになるのです。