悩みとして挙がりやすいもの

エンジニアと言う仕事柄、さまざまなデメリットや悩みと付き合わなくてはなりません。特に女性ならではの問題とエンジニアと言う職業でぶつかることは多いものです。

一つはエンジニアは女性がまだまだ少ないため、キャリアプランを考える時に出てくるロールモデルがなかなかいません。このため、自分が将来どうなるのか読めないと言う人も少なくないのです。また、一生働いていきたくてもキャリアプランがどうなるのか分からない、あるいはどう言う仕事になっていくのか分からない悩みを抱える人も少なくありません。

次に長時間勤務になりやすいと言うことがあるでしょう。男性と比較すると体力が弱い女性の場合、仕事についていけなかったり体力的についていけないと言うこともあります。体調の変化が大きい人ならば体力的についていけるのかどうか、この仕事を長く続けられるのか不安と言う人も少なくありません。体力面は努力で補えることもありますが個人差も激しいため、カバーできる方法を探す人もいるのです。

また、長時間勤務になるため、今は良くても将来的に結婚して子供が産まれた時はどうしたらいいかを悩む人も少なくありません。長時間勤務になりがちなのがこの職業ですから、中には結婚や妊娠をきっかけにして退職する人もいるのです。福利厚生が整っている企業で産休や育休などの制度をたくさん活用して大変な時を乗り切る人もいれば、腕を磨いて最終的にフリーランスとして働く人も出てきます。

以上のように、女性のエンジニアはさまざまな悩みが絶えません。その悩みは女性エンジニアのキモチが解決に導いてくれるかもしれませんよ。